VIO脱毛のリスク

vio脱毛とは、主にビキニラインの脱毛になります。vは、ビキニライン、iは女性のデリケートなゾーン、oはお尻の部分の毛のことを言います。水着を着ることが多くなるこの季節に脱毛を行うべきであると考えられています。特に露出度が高い水着を着る場合は、毛が目立ってしまうことがあります。そんなときにおすすめです。施術は、エステサロンまたは医療機関で行われます。

 

エステサロンでは、主に光を利用した脱毛方法です。一方で医療機関での脱毛は、レーザーを利用して行う方法です。vio脱毛で最も懸念されるのはリスクがあるということです。例えば、施術により肌がツルツルの状態になりすぎて不快感を感じてしまわないか等がそれにあたります。また、事前処理に対する不安も懸念材料の1つです。また、施術のイメージは、「痛い」といったものもあります。

 

確かに毛が濃い場合は、痛みを伴う事があります。しかし、慣れてきたらいつの間にか気にならなくなっています。また、肌がツルツルということについては、海外旅行に出掛けたときに、外国人に驚かれる傾向にあるようです。次に、施術前に行う事前処理のリスクについて紹介します。サロンや医療機関などで施術を受ける前日に大抵の場合はこの処理を行わなければなりません。特に毛深いという毛質のかたや濃いという方は、数日前から時間をかけて処理をする必要があります。事前処理は、カミソリや顔用の電気シェーバー、で簡単にすることができます。しかし、形を決める必要があるため手が届きにくいoラインの処理は時間をかけて慎重に行わなければなりません。また、iとoの両ラインは、ハサミやカミソリなどを利用して脱毛を行う場合、怪我をするリスクを伴います。そのため鏡と照らし合わせた処理をする事が大切です。一番事前処理が簡単なのはビキニラインのvラインで、肉眼で見ながら処理をする事ができます。vio脱毛には、事前処理にも施術にもリスクが伴うことを把握することが大切です。